読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀の新視点

主に日米の国際情勢を解説していきます。

北朝鮮とアメリカの対立 民主化の兆しか?

今月6日、北朝鮮が日本の排他的経済水域に弾道ミサイルを発射した。マスコミによると、この発射により北朝鮮は今まで曖昧にしていたトランプへの敵視を確実なものにしたと見られている。

北朝鮮ミサイル発射の背景は トランプ政権と対決明確に:朝日新聞デジタル

 

確かに、去年のある段階では北朝鮮のメディアはトランプに好意的な評価をしていた。それは、当時トランプが米軍基地の負担を増やすよう韓国に批判していたからだ。それを受けて北朝鮮メディアはトランプを「賢い政治家」と呼んでいた。しかし、実際にトランプが大統領になると、トランプは日本や中国との関係を密にし始めた。北朝鮮にとっては、この動きはまるで米国が北朝鮮の囲い込みをしているように写っただろう。

北朝鮮、トランプ氏に好意「賢い政治家」と論評 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

歴代大統領は北朝鮮の核開発に対して様々な態度をとってきた。例えばオバマは、就任当初には北朝鮮との対話を重視して交渉に挑んでいた。これは、「戦略的忍耐」と呼ばれたが、度重なる核実験を受けてオバマはその態度を改めざるをえなかった。

 

昨年、トム・マリノフスキー元米国務次官補は、北朝鮮へ外部情報を流入させることが半島に平和を気づくうえで重要だと語った。実際、近年の北朝鮮では中国側の領域から北朝鮮へ様々な外国メディアが流入しているという。それらの外部メディアは、北朝鮮で増えつつあるブラックマーケットで販売され若者の手に渡っている。この新しい動きをもって北朝鮮民主化が始まりつつあると評価する論者もいるが、政府の弾圧も厳しさをましているのが現状だ。

北朝鮮の虐殺責任者「必ず突き止める」…米国務次官補インタビュー | DailyNK Japan(デイリーNKジャパン)