21世紀の新視点

主に日米の国際情勢を解説していきます。

トランプ

北朝鮮とアメリカの対立 民主化の兆しか?

今月6日、北朝鮮が日本の排他的経済水域に弾道ミサイルを発射した。マスコミによると、この発射により北朝鮮は今まで曖昧にしていたトランプへの敵視を確実なものにしたと見られている。 北朝鮮ミサイル発射の背景は トランプ政権と対決明確に:朝日新聞デジ…

「2国家共存」の破棄で、中東は新たな局面へ

今月15日、イスラエルのネタニヤフ首相が訪米しホワイトハウスでトランプと会談をした。その会談のなかで、トランプはイスラエルとパレスチナの2国間共存に必ずしもこだわらない姿勢を見せた。 トランプ大統領「2国家共存こだわらず」、ネタニヤフ首相と会…

トランプの「一つの中国」発言で力を増す中国

2月10日、トランプが習近平との電話会談中に「一つの中国」を尊重する意思を見せた。トランプは昨年12月2日に独立志向の高い台湾の蔡英文と電話会談をしたため、中国との関係悪化が懸念されていた。今回の電話会談により、トランプの対中外交スタンスが明ら…

手放しで喜んではいけないマティスの尖閣発言

今月3日、トランプ政権下で国防長官に就任したマティスが来日し、同日夕方に安倍と対談をした。ジェームズ・マティスはアフガン戦争などで活躍した軍人で、2005年に「戦うのは楽しい」という趣旨の発言をして世間を騒がせだ人物だ。しぶとく戦う姿勢から「狂…

トランプ大統領就任でも変わらないこと

本日から、主に日米関係に焦点を当てて国際情勢を解析するブログを始めていきます。投稿頻度は1,2週に1度を考えています。ニュースソースを元に、斬新で多角的な切り口で世界の動きを捉えていきます。至らぬところも多いでしょうが、何卒ご愛好よろしくお願…